未分類

アトピーに季節は関係ない…

アトピーだと大変にきびしい症状になります。
季節関係なしに1年中痒みとの根くらべになります。
夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。
この間、インフルエンザにかかり病院に診てもらいに行きました。
潜伏期間はどのくらいなのか明確ではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染したのだろうなと考えられます。

3日間にわたって高熱が続いて大変な思いをしました。
高い熱が続くインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。
私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

改善するために行った方法は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。
友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて実践してみようとヨーグルトを買いまくって、とにかく食べることにしました。
ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは周知の事実です。
でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいます。
でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、身体の健康づくりに大変効果的です。

近年の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきたのでした。
インフルエンザはワクチンだけで全て防ぐことはできません。
常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力というものが向上して、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽減する効果が高まります。

私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。
小さい頃から市販されていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、決まって私のお腹を労わり続けてくれました。
CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。

インフルエンザに感染したことが判明すると学校の出席が5日間できなくなります。
もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は2、3日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。
平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつる危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には大事なことです。
便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌が入ったサプリです。
整えられた腸内環境は重要だとわかってはいても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も大勢います。

しかも、毎日乳酸菌が含まれている食べ物を食べるのはたやすくありません、乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと吸収することができますので、便秘がよくなります。
昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに天枢(てんすう)が有名です。
また、おへその下5cm程度のところにある腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。
便秘の種類それぞれで効くツボが違うので、自身に適したツボを押すと効果がでやすいでしょう。
身体に乳酸菌が良いことはわりと知られた事実ですが、一方で効かないという説もあります。

この説も、本当かもしれません。
それは、体質には個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効く薬ではないからです。
とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。

YOKONE2口コミの衝撃!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です